スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| HOME | page Top↑ | わきがとは? | 改善マニュアル | わきが治療 | 体臭予防 | その他体臭
| サイトマップ | 相互リンク | 多汗症とは | 多汗症原因 | 多汗症予防 | 多汗症治療 | 管理人情報

多汗症の原因

汗をかく理由

身体が汗を出す作用としては2つの理由があります。

1、温熱性発汗(体温調節の為の汗)
2、精神性発汗(緊張や恐怖による状況的)

多汗症の人は、このうち2番の精神性発汗をつかさどる交感神経が
一般の人よりも非常に敏感であるといえます。

一般の人でも冷や汗や緊張時には、精神性発汗しますが
多汗症の人は、リラックス状態にあっても汗が出ることが多いのです。

ですから、性格や気の問題ではなく身体的な体質の問題なのですね。



多汗症とは?の項で書いたように多汗症にはその症状のレベルがあります

重度や中度の強い場合は、専門医による治療が必要になります。


我々の脳が命令を決めて神経を経由して実際の作用が体現するとした場合
分泌ホルモンによって変化するようです

それは、私たちの潜在意識にも大きく関わることから
精神療法なども取りいれられています。

脳の命令異常や命令以上に身体が作用してしまうような場合は
神経系の手術による治療が成されることもあります。



少し難しい話のようですが
まずは、多汗症に該当するのかどうかの診断が必要です
また、そのレベルはどうか?それにより対応が異なってきます。

代謝が良くてよく汗をかく人もいますから
多汗症なのかどうかを確認したいものですね。

専門的な診断は、専門医の問診が必要ですが
例えば、汗の量と汗をかく時間を観察して、長時間多量の汗をかく場合は
多汗症の可能性がありますので専門医へ行くことを考えてください。

みんなが緊張するような場面で、ドーッと汗をかいたとしても
それは多汗症でなくてもあることですから、リラックス状態での
汗の量と時間を観察してみてくださいね。


あがり症克服 元NHKアナウンサー西村順式あがり症克服


 多汗症とは    多汗症予防改善    多汗症治療方法


084.gifwakiga.jpg084.gif
| HOME | page Top↑ | わきがとは? | 改善マニュアル | わきが治療 | 体臭予防 | その他体臭
| サイトマップ | 相互リンク | 多汗症とは | 多汗症原因 | 多汗症予防 | 多汗症治療 | 管理人情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。