FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| HOME | page Top↑ | わきがとは? | 改善マニュアル | わきが治療 | 体臭予防 | その他体臭
| サイトマップ | 相互リンク | 多汗症とは | 多汗症原因 | 多汗症予防 | 多汗症治療 | 管理人情報

レーザー脱毛

レーザー脱毛とは、毛根付近のメラニン組織のみに反応するレーザーを照射することで
メラニンが熱を放射し、毛根や皮脂腺を破壊するという脱毛法です。
医療レーザー脱毛機器は皮膚の表面には反応しないため安全です。


脱毛によるニオイの軽減効果を期待する原理とは?

汗腺及び皮脂腺から分泌される汗や皮脂を表皮の常在細菌が分解することで
ニオイ物質を産生し、ニオイを出していて、脇などの毛が密集している所には
ニオイ物質が集積されて広く拡散させることでニオイが遠くまで飛んでいきます。


そこで、臭いの原因をつくる雑菌が毛穴の開口部の毛根部に多く繁殖する傾向があり
脱毛されて毛根がなくなるので、雑菌も減少することと集積する毛がないことで拡散も防ぎ
ニオイが軽減するという理論です。


しかし、レーザー脱毛をしてからニオイが気になるという人が、かなりいるようです。

これは、レーザー照射によるエクリン汗腺の刺激により、一時的に汗の量が増加することも
起因しているようです。
一時的に増加した汗がニオイを強めたという推察が出来ます。



脱毛のタイミングとして

毛の生えるサイクル(ヘアサイクル)があり、成長期初期にレーザー照射すると
最も良く反応し、1年後の再発毛率が全周期の中で一番低くなるようで、生えたらすぐ
照射するのが最も効果的です。
逆に休止期に脱毛を行っても1年後には、ほぼ100%再発毛します。
以上の発毛の仕組みを知ると、再び毛が生える成長初期の施術が効果的といえます。



電気療法  ⇒ボトックス注射  ⇒レーザー脱毛


「軽減・抑制」療法のページへ戻る


084.gifwakiga.jpg084.gif
| HOME | page Top↑ | わきがとは? | 改善マニュアル | わきが治療 | 体臭予防 | その他体臭
| サイトマップ | 相互リンク | 多汗症とは | 多汗症原因 | 多汗症予防 | 多汗症治療 | 管理人情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。