FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| HOME | page Top↑ | わきがとは? | 改善マニュアル | わきが治療 | 体臭予防 | その他体臭
| サイトマップ | 相互リンク | 多汗症とは | 多汗症原因 | 多汗症予防 | 多汗症治療 | 管理人情報

削除法

わきが手術「削除法」


削除法は、皮下組織削除法、ローラー法やシェービング法・ローラーシェービング法など
様々な名称で呼ばれています。

削除法による手術は、汗腺が再発しないように厚さ約1ミリまで皮膚を削り取る
専用の器械を用いて施術を行う方法です。

傷口が小さく、術後の回復が剪除法よりも早いのが特徴です。

脇に1cmほどの小さな切開を入れ、ワキガ臭の原因となるアポクリン汗腺、多汗の原因
となるエクリン汗腺とわき毛を皮膚の裏側からまとめて削り取る方法です。


脇の下の皮膚全体(毛の生えている部分とその周囲1センチの範囲)を厚さ1ミリ程度に
なるまで削ることで、アポクリン汗腺とわき毛がほとんど再生してこないといわれています。

また、皮膚表面の近いところにあるエクリン汗腺も取り除くことで、汗も軽減できると言われています。
エクリン汗腺は皮膚に直接ついていますので多少の汗は残ります


「剪除法」同様、男性の場合は、わき毛を残したいという方もおられるでしょう
わき毛をある程度残すことも可能なようですが、あまりわき毛を残しすぎると
ワキガ臭の原因となるアポクリン汗腺、多汗の原因となるエクリン汗腺が残りやすく
ワキガ臭や汗が残ることがあることを理解して下さい。



この「削除法」は、切開部が小さく、傷跡も小さいということですが「吸引法」同様に
目視ができないということです。
即ち、熟練した感覚が必要ということになります。


この「削除法」も皮下に器械を挿入する施術方法で、保険適応外になるようです。



切除法  ⇒剪除法  ⇒吸引法  ⇒削除法


「わきが手術」のページへ戻る


084.gifwakiga.jpg084.gif
| HOME | page Top↑ | わきがとは? | 改善マニュアル | わきが治療 | 体臭予防 | その他体臭
| サイトマップ | 相互リンク | 多汗症とは | 多汗症原因 | 多汗症予防 | 多汗症治療 | 管理人情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。