FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| HOME | page Top↑ | わきがとは? | 改善マニュアル | わきが治療 | 体臭予防 | その他体臭
| サイトマップ | 相互リンク | 多汗症とは | 多汗症原因 | 多汗症予防 | 多汗症治療 | 管理人情報

剪除法

わきが手術「剪除法」(せんじょほう)


形成外科、美容外科などで広く行われているワキガ手術方法です。
剪除法は脇の皮膚のしわに合わせ2?4cmほどの切開を入れ、裏返し、担当する医師が
直接自分の目で確認しながら、臭いと汗の原因となる汗腺を取り除く方法です。

一度除去した汗腺(アポクリン汗腺・エクリン汗腺)は、再生しないといわれていますが、
実は、アポクリン腺は腺組織であるため非常に再生しやすいのです。
そのため、アポクリン腺の腺根(導管部)を真皮の一部を含めて摘出することが必要です。


従って、術者が汗腺を取り残してしまったことが原因で起こる再発の可能性も
ありますので術者の技量や経験にも大きく左右することとなります。

切開も2?3Cmですから、傷跡も残りにくいと言われています体質により異なります


そして、この手術をすれば、毛根も同時に取れますので永久脱毛状態になります。
状態というのは、ほんの一部がほんの少し残る場合もあるということです。

しかし、女性の場合には、完全に脱毛される人の方が多く、少し残る人であっても極少の
状態と言われています。

目的は、アポクリン汗腺の除去ですが、脱毛という副産物も得られるということです
脱毛を主目的としたものではありませんので、誤解のないようにお願いします。


この「剪除法」も健康保険の適応となっていますが、クリニックによって
自由診療のところもあるようです。


この「剪除法」は、「切除法」に比べて切開部が小さく、アポクリン汗腺の
完全摘出度も高いといえそうですが術者の熟練を要するといえます。



切除法  ⇒剪除法  ⇒吸引法  ⇒削除法


「わきが手術」のページへ戻る


084.gifwakiga.jpg084.gif
| HOME | page Top↑ | わきがとは? | 改善マニュアル | わきが治療 | 体臭予防 | その他体臭
| サイトマップ | 相互リンク | 多汗症とは | 多汗症原因 | 多汗症予防 | 多汗症治療 | 管理人情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。